黒田

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1457390220/

    黒田

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/08(火)07:37:00 ID:aOh
    広島・黒田博樹投手(41)が7日、シーズン開幕直後からのフル回転を誓った。
    この日までに開幕ローテーションの大枠が固まり、レジェンドは3、4月に中5日で4度登板予定。
    ジョンソン、福井らと開幕ダッシュを狙う“必勝ローテ”が組まれた。6日・西武戦(マツダ)で打球を受けた左足も問題なく、20年目のシーズンへ予定通りの調整を進める。

     左足を不安視する声は、軽妙トークで一蹴した。6日・西武戦で左内くるぶしに打球を受けて途中降板。一夜明けてキャッチボールなど、黒田は通常メニューを消化した。
    「明日になって『折れてる』と言われたら、メンタル的にやられるかも」。冗談を交えながら問題なしを強調する。

     「全然、大丈夫です。これくらいでダメなら、野球はできていない。芯を食った打球ではないし、投手であれば日常茶飯事ですよ」

     足に異常がなかったことで、開幕へ予定通りの日程を消化する。次回、実戦2度目の登板は中5日で、12日・DeNA戦(マツダ)。
    その後、20日・ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)を経て、26日の開幕第2戦・DeNA戦(マツダ)に向かう。

     既に首脳陣は、開幕カードで投げる3投手に登板日を通達。2連戦など変則日程が続く3、4月は先発5人を中心にローテを組む。
    黒田、ジョンソンは主に中5日の予定。畝投手コーチは5人で回すことに「それ(開幕ダッシュ)プラス、いい投手を早く回すことができる」と利点を説明した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000020-dal-base

    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1456548251/

    黒田

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/27(土)13:44:11 ID:Ntl
    広島・黒田博樹投手(41)が27日、沖縄キャンプ初のシート打撃に登板したが、最初の打者・新井の打球は痛烈なピッチャーライナー。
    登板後に左手をアイシングした黒田は「(病院?)これから行きます。(重傷?)とりあえず、今後の状態をみないと分からないです」と、深刻な表情をつくって開幕への不安を“激白”した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160227-00000038-sph-base

    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1451602426/

    黒田

    1: 名無しさん@あけおた 2016/01/01(金)07:53:46 ID:0nT
    広島・黒田博樹投手(40)が新年の誓いとして、ヤクルトのトリプルスリー男・山田哲人へのリベンジを約束した。
    悩み抜いた末に現役続行を決断した“男気右腕”が、セ・リーグ覇者のキーマン斬りで悲願の優勝へ導く。

     やられっぱなしではいられない。昨季は11勝8敗、防御率2・55と十分な成績を残したが、ヤクルト戦は7試合の登板で2勝3敗。
    0勝3敗の中日と並んで負け越した。特に山田には日米通算500試合登板となった8月11日(マツダ)に左越え3ランを浴びるなど、20打数10安打の打率5割と打たれた。

     「やられたイメージはある。当然、やられたらやり返すしかない。やるか、やられるかの世界で生き抜いていくには、
    色々と考えていかないといけない」。今年、プロ通算20年目を迎える大ベテランが目の色を変えた。

     メジャー移籍が濃厚な前田健太の穴についても初めて言及。「当然チームにとっては15勝して、200イニング投げてという投手が抜けるんだから大きい」と認めたが、
    一方で「それでダメだというのは悔しいことだと思うし、やるしかないと思う。選手一人一人がどういう気持ちをもって迎えるかが大事」。
    マエケンが抜けた2016年、広島は厳しい―。そんな見方が大半だが、それをはね返してこそプロ。その姿を黒田が先頭に立って示す。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00000003-sph-base

    この記事の続きを読む


    このページのトップヘ